イベントレポート

2016年2月16、17日

≪低炭素杯2016≫で『文部科学大臣賞』を受賞!

  • 当日の受付

    当日の受付

  • 低炭素杯でお馴染みのシロクマくんがお出迎え

    低炭素杯でお馴染みのシロクマくんがお出迎え

  • 38団体が工夫を凝らしたプレゼンを行いました

    38団体が工夫を凝らしたプレゼンを行いました

  • ファインのプレゼン発表

    ファインのプレゼン発表

  • 社会活動分野で文部科学大臣賞を受賞!

    社会活動分野で文部科学大臣賞を受賞!

  • 授与者の堂故 茂 文部科学大臣政務官とファインのメンバー

    授与者の堂故 茂 文部科学大臣政務官とファインのメンバー

ファインは2016年2月16日(火)・17日(水)に日経ホールにて行われた≪低炭素杯2016≫にファイナリストとして出場し、今年新設された『文部科学大臣賞』を受賞しました。

次世代に向けた低炭素な社会の構築を目指し、多様な主体が取り組む地球温暖化防止に関する活動を表彰する制度を通じ、全国の優れた取組のノウハウや情報を共有し、さらなる活動への連携や意欲を創出するしくみが「低炭素杯」です。2010年より開かれ、今回で6回目の開催で、今年は全国から1,993団体の応募があり、審査を通過した38団体が最終審査(プレゼンテーション)に臨みました。

ファインのプレゼンタイトルは「教習所が発信するエコドライブ!~誤解を解き自主的な実践を~」です。4分間の制限時間内で、様々な対象に向けた多様なエコドライブ啓発活動を寸劇でアピールしました。表彰式では、審査委員長の金谷年展 東京工業大学ソリューション研究機構特任教授から「私の想定をはるかに超えた異次元な内容だったのはビックリしました。自動車教習所という枠を、はるかに超えたのではないか。この想定外さが審査委員の高得点につながった」との講評をいただきました。

ファインモータースクールは、これからもエコドライブの普及のため、多様な取り組みを積極的に行い、様々な機会を通じて情報発信することにより、教習所としての地域社会への貢献に努めて参ります。

受賞したプレゼンの様子はこちら

TOP