イベントレポート

2018年6月7日

与野イオンでエコドライブのイベントに出展しました!

  • 地球くんのだいじなお話しを聞く様子 

    地球くんのだいじなお話しを聞く様子 

  • 自転車シミュレーターを体験している様子

    自転車シミュレーターを体験している様子

  • エコドライブに関するアンケートを行いました!

    エコドライブに関するアンケートを行いました!

  • さいたま市/PRキャラクターのつなが竜゙ヌゥ゙も ファインブースに駆けつけてくれました!

    さいたま市/PRキャラクターのつなが竜゙ヌゥ゙も ファインブースに駆けつけてくれました!

  • 屋外ではタイヤの空気圧点検を行いました

    屋外ではタイヤの空気圧点検を行いました

2018年6月7日(土)、イオンモール与野にて「タイヤチェックで燃費アップ!~エコドライブとエコライフ~」が開催されました。ファインモータースクールもブースを出展し約100人のお客さまにお越しいただきました。

本イベントは、6月の環境月間に当たり、環境に配慮した自動車の運転方法「エコドライブ」を啓発するために毎年行われています。

ファインは今年で5回目の参加となり、電気自動車のリーフ教習車の展示やエコドライブ免許相談会、パネルを用いた環境教育、また、自転車シミュレーターも設置し、たくさんのお子さまに体験していただきました。

他にも、館内ではさまざまな団体・企業がエコドライブ・エコライフに関するブース展示を行い、屋外駐車場の特設会場では「タイヤの空気圧チェック」が行われました。

ファインモータースクールは、今後もさまざまなイベントへの出展を積極的に行い、環境意識の啓発と地域の交通安全へ貢献できるよう活動して参ります。

2018年4月29日

第14回≪まるごとバイクフェスティバル2018≫に1600人が来場!

  • クルマ×アイドルがテーマのグループ「さきどり発 進局」。この他にもさま ざまなゲストが来場しました。

    クルマ×アイドルがテーマのグループ「さきどり発 進局」。この他にもさま ざまなゲストが来場しました。

  • 今年の「トライアルデモ」 にも、ファインの社員で現役トラ イアル選手の武井誠也(写真奥)が参加しました。

    今年の「トライアルデモ」 にも、ファインの社員で現役トラ イアル選手の武井誠也(写真奥)が参加しました。

  • 「こどもバイク体験」では、インストラクターが安全 を確保しながら、バイクの乗り方と楽しさを伝えま した。

    「こどもバイク体験」では、インストラクターが安全 を確保しながら、バイクの乗り方と楽しさを伝えま した。

  • 初心者や二輪免許がない人でも参加できる「レ ディース&ビギナースクール」。

    初心者や二輪免許がない人でも参加できる「レ ディース&ビギナースクール」。

  • 会場の様子。今年は30の企業・団体が参加し、会 場を盛り上げました。

    会場の様子。今年は30の企業・団体が参加し、会 場を盛り上げました。

  • 「ゆっくり体験試乗会」では、40台の試乗車が1日 500円で何度でも試乗できました。

    「ゆっくり体験試乗会」では、40台の試乗車が1日 500円で何度でも試乗できました。

2018年4月29日(日・祝)、ファインモータースクール上尾校にて「まるごとバイクフェスティバル2018」を開催し、県内外から約1,600人のお客さまにご来場いただきました。

本イベントは、ひとりでも多くの方にバイクの新たな価値、魅力を伝え、バイクを楽しんでいただき、安全性の確保について学べる機会を提供するべく、2005年から継続して開催してきたバイクのお祭りです。

これにより、長期的視点での二輪人口底上げと同時に、会社理念に掲げる「事故のない安全な街づくり」の実現を目指し、地域企業と連携しています。今回は、30の地域企業・団体ブースがイベントを盛り上げました。

今年初めての試みとして<クルマ×アイドル>がテーマのグループ「さきどり発進局」のミニライブを行いました。さらに、免許を持っていなくてもバイクの運転ができる「レディース&ビギナースクール」、「こどもバイク体験」の体験可能人数を増やし、バイクの免許を持っていない世代に対しても興味を持っていただけるようなイベント内容になりました。

参加したお客さまからは「初めてバイクに乗って、最初は怖かったけどバイクの楽しさをしれました。ファインで免許を取りたいです」「子どもにバイクを乗せたかったので来ました。こういうイベントは良いと思います」「さきどり発進局を見るために早く会場に来たけど、ずっとバイクの試乗を見ていたらバイクに乗りたくなりました。免許を取りたいと思います」などの声がありました。

ファインモータースクールは、これからもさまざまなイベントを実施、また情報発信することにより、教習所として二輪人口底上げの取り組みを推進してまいります。

まるバイ特設ページ
まるバイFacebookページ

2018年4月23日

さいたま市、JAF、ファイン3者共催のエコトレーニングを行いました!

  • 講師の挨拶 

    講師の挨拶 

  • 教習車に乗り込む様子

    教習車に乗り込む様子

  • 当日はJ-comテレビの取材がありました

    当日はJ-comテレビの取材がありました

  • 座学の様子

    座学の様子

  • 手前からMc-β、クラリティ、プリウス

    手前からMc-β、クラリティ、プリウス

  • プリウスの車両特性を説明します

    プリウスの車両特性を説明します

2018年4月23日(月)、ファインモータースクール大宮校にてさいたま市、JAF、ファイン3者共催の「エコトレーニング」が開催されました。

JAFさんが定期的に開催している通常のエコトレーニングでは、座学と実技の4時間でエコドライブを学びます。しかし、毎年4月にファインモータースクールで行うエコトレーニングは、3者共催のため、特別に次世代自動車を使った講習をカリキュラムに盛り込んでいます。※通常はガソリン車を使用する講習のみです。

エコドライブの講習では、ファインの教習車を使い2回燃費を計測しますが、参加した12人全員の燃費が平均で24%も向上しました。受講者された方からは「エコドライブの方法など分かりやすくとてもためになりました。今日から意識して運転していきたいです。また、今日教えていただいたことを家族にも話して、みんなでエコドライブできたらと思います」などの感想があがりました。

ファインモータースクールは今後も、エコドライブの普及啓発のためにあらゆる取り組みを行ってまいります。また、ファインモータースクールではオリジナルの「楽エコ運転講習」も行っておりますので、ご興味のある方は下記をご覧ください。

ファインの楽エコ運転講習

2018年4月17日

三又沼ビオトープで「生態系保全活動研修」を行いました!

  • 外来種を抜き、ゴミ袋にまとめます

    外来種を抜き、ゴミ袋にまとめます

  • 竹をまとめて運ぶ様子

    竹をまとめて運ぶ様子

  • 自然の中で振り返り学習

    自然の中で振り返り学習

  • お疲れさまでした!

    お疲れさまでした!

  • 研修にはSDG’sの内容も。

    研修にはSDG’sの内容も。

  • グループワークの様子

    グループワークの様子

2018年4月17日(火)、上尾市にある三又沼ビオトープにて、新入社員向けの生態系保全活動研修を行いました。
この研修は、保全活動を通じて、社会やビジネスの基盤には多様な生態系を含む自然資本があることを理解することが目的で行っており、今年で2回目です。

三又沼ビオトープは、荒川の河口(東京湾)から上流に48kmのぼったところ、埼玉県上尾市、川越市、川島町の境の荒川河川敷にあります。

ビオトープでの保全活動は、国土交通省 荒川上流河川事務所、公益財団法人 日本生態系協会、NPO法人 荒川の自然を守る会、荒川市民環境サポーターの皆さんにレクチャーしていただきました。

ファインモータースクールの新入社員9人と引率4人の計13人が参加し、オオブタクサやカナムグラなどの外来種の除去や、竹林の整備を行いました。ビオトープでの活動後は自校へ戻り、さまざまな社会問題に対して、自分たちができることをグループに分かれて話し合いました。

参加した社員からは「生態系保全活動をしてみて、在来生物や植物を守ることの大切さを学ぶことができました。人と自然は隣り合わせなので、その土地の生態系を壊さず保全していくことが重要だと思いました」などの感想がありました。

ファインモータースクールは今後も、地球や社会のために自動車教習所としてできることを考え、社会問題の解決に貢献できるよう、活動してまいります。

2018年4月2日

平成30年度入社式を行いました

  • 会長挨拶

    会長挨拶

  • 辞令交付

    辞令交付

  • 新たな仲間12人!よろしくお願いします!

    新たな仲間12人!よろしくお願いします!

2018年4月2日(月)、ファインモータースクール大宮校にて平成30年度入社式を行いました。今年の4月は新卒9人、中途で3人が入社し、合計12人が新たにファイングループの一員となりました。

入社式では代表取締役の臼田が「AI技術の発展など、社会は変化し続けています。教習所業界もファインモータースクールも変わっていかないといけません。みんなで頑張りましょう」とエールを送りました。

新卒の9人は、緊張しながらも学生から社会人への第一歩を踏み出します。彼女たちはこれから教養を受け、現場に移るまでしっかりと準備をします。ファインを選んでくださるお客様のために、一生懸命努めてまいりますので、窓口等で見かけた場合には、温かいご指導の程、よろしくお願いいたします。

2018年3月22日

さいたま市職員様向け自転車安全利用研修の講師を担当しました!

  • 自転車まちづくり推進課 課長 古市さまの挨拶

    自転車まちづくり推進課 課長 古市さまの挨拶

  • 講話の様子

    講話の様子

  • 動画を使って講話する様子

    動画を使って講話する様子

  • 自転車シミュレーターのモニターは全体に映すことができます

    自転車シミュレーターのモニターは全体に映すことができます

  • 4月から策定される自転車損害保険加入義務化について話す埼玉県防犯・交通安全課 荒木さま

    4月から策定される自転車損害保険加入義務化について話す埼玉県防犯・交通安全課 荒木さま

  • さいたまはーとについて説明する自転車まちづくり推進課 田中さま

    さいたまはーとについて説明する自転車まちづくり推進課 田中さま

2018年3月22日、さいたま市職員研修センター(さいたま市見沼区)にて「平成29年度 自転車安全利用研修」が実施され、ファインモータースクールの吉村インストラクターが講師を担当しました!対象者は、さいたま市職員160人です。業務で自転車を利用する機会のある方、自転車通勤の方などが各部局から参加されました。

研修は3部制で、下記の通りに行われました。
①自転車の交通事故防止について(60分)
②自転車損害保険加入義務化等について(30分)
③さいたま自転車まちづくりプラン~さいたまはーと~について(30分)

吉村インストラクターは①自転車の交通事故防止について、現状の事故件数を交えながら講話を行いました。講話の終盤には代表の2人に「自転車シミュレーター」を体験していただき、安全な自転車の乗り方を説明しました。

講習を受けた方からは「実践型・体験型のシミュレーションを通じて、日ごろ自転車に乗っていてヒヤッとするところや共感するところが多く勉強になった」などのコメントをいただきました。
ファインモータースクールは今後も、地域の交通マナー向上を目指し活動を続けて参ります。

さいたま市は、自転車を利用しやすい環境が整っていることから、日常的に多くの方が自転車を利用しています。自転車を活用したまちづくりは、自転車利用者の経済面、健康面に寄与し、歩行環境の改善や賑わいの創出、環境にやさしいまちづくりにつながってきます。一方で自転車関連事故は多く、ルールの遵守やマナーの意識も低い状況にあり問題となっています。今後、「自転車のまちづくり」を積極的に推進していくため、自転車政策の柱である「たのしむ」「まもる」「はしる」「とめる」という視点から、自転車に関する様々な取組を総合的にとりまとめる「自転車まちづくりプラン~さいたまはーと~」が策定されました。

ファインモータースクールのインストラクターは、さいたまはーと推進協議会に委員のひとりとして参加しています。主に「まもる」の施策として幅広い世代への交通安全教室の実施や、ルール・マナーの意識啓発に協力していきます。また、協議会を通じて、事業展開や実施状況の確認、情報共有、実施事業の発信、協議などを行っていきます。
さいたまはーとの詳細はこちら
平成30年4月から埼玉県では自転車保険への加入が義務になります。詳細はこちら

2018年3月11日

全日本トライアル選手権の第1回関東大会が行われました!

  • トライアルの舞台は山です。岩や崖がいっぱい!

    トライアルの舞台は山です。岩や崖がいっぱい!

  • 本多選手が岩を駆け上がる様子

    本多選手が岩を駆け上がる様子

  • 笑顔が素敵な武井選手

    笑顔が素敵な武井選手

  • 2人のバイクにはファインのロゴが!

    2人のバイクにはファインのロゴが!

  • 会場では、食べ物や関連グッズなどが販売されています。

    会場では、食べ物や関連グッズなどが販売されています。

  • お疲れさまでした!

    お疲れさまでした!

2018年3月11日(日)、茨城県桜川市にある真壁トライアルランドにて「2018全日本トライアル選手権」のシリーズ第1戦関東大会が行われ、ファインが公式スポンサーを務めるトライアル国際A級の本多元治選手が3位に入賞しました!同じく国際A級で、ファインの社員である武井誠也選手は7位でした。

トライアルは、オートバイによるモータースポーツです。崖や岩のコースに設けられた採点区間で、いかに減点されずに走り抜けられるかを競います。

本大会は、日本モーターサイクルスポーツ協会が主催する国内最高峰のトライアル選手権です。
2018年度の開幕戦となった今回、昨年優勝した本多選手にとっては、悔しい結果となりました。次戦は、4月15日(日)に和歌山県の湯浅トライアルパークで開催されます。

本多選手はレース活動の他にも、全国各地のイベントでのデモンストレーションや教育などを行っています。そこでは、バイクを運転する楽しさ、バイクの運転がもたらす可能性、バイクの基本であるバランスのとり方や、その技術向上による精神的な余裕が安全につながることなどを伝え続けてくれています。

ファインモータースクールは本多元治選手、武井誠也選手をサポートすることが“事故のない安全な街づくり”やバイクの普及に資すると考え、今後も応援していきます。

そんな2人が今年もまるバイに登場!
4月29日(祝・日)はぜひファインモータースクール上尾にお立ち寄りください。
【ファインまるバイ公式ページ】
【ファインまるバイFacebookページ】

2018年3月1日

芝浦工業大学で自転車転倒防止の実証実験が行われました!

  • モーターを搭載した自転車。現在は大きい箱が荷台に付いています。

    モーターを搭載した自転車。現在は大きい箱が荷台に付いています。

  • 実験スタート!

    実験スタート!

  • 当日は多くのメディアが関心を寄せていました

    当日は多くのメディアが関心を寄せていました

2018年3月1日、芝浦工業大学大宮キャンパスにて、自転車転倒防止システムの実証実験が行われ、ファインモータースクールも実験に参加しました。

自転車転倒防止システムとは、芝浦工業大学の古川修特任教授が開発した自転車転倒防止技術です。通常の自転車の後部に、ジャイロ効果を利用したモーターを搭載しています。

この開発は、さいたま市と芝浦工業大学が連携して行っている施策の1つです。
「低炭素型パーソナルモビリティの普及」を目指し、子育て世代や高齢者にとって新たな安全・安心な普及貢献技術であり、全国初の技術である「自転車転倒防止システム」の開発を進めています。

当日は、システムを搭載した自転車に乗り、モーターを回していない状態と、起動させた状態の2回、まっすぐ走る実験を行いました。参加した人からは「モーターが付いていない状態では、重くてまともに走れなかったが、モーターを回すと安定して走りだし、とても驚いた」との声があがりました。

今後ファインモータースクールでは、自転車転倒防止システムの開発に伴い、教習コースの提供、運営の協力を行ってまいります。

 

実証実験当日のプレスリリースはこちら
(画像をクリックするとpdfが開きます)

(平成30年2月21日記者発表)自転車転倒防止システム実証実験

 

 

2018年1月31日

埼玉県議会 環境農林委員会の皆さんが視察にいらっしゃいました!

  • 委員長のあいさつ

    委員長のあいさつ

  • ファインのエコドライブ啓発に関する取り組みを発表しました

    ファインのエコドライブ啓発に関する取り組みを発表しました

  • 出会いの木で免許証を確認♪

    出会いの木で免許証を確認♪

  • 燃費計測を2回行いました!

    燃費計測を2回行いました!

  • 質疑応答 

    質疑応答 

  • 記念撮影

    記念撮影

2018年1月31日(水)、ファインモータースクール大宮校に埼玉県議会、環境農林委員会の皆さんが視察にいらっしゃいました。きっかけは平成28年に受賞した 「彩の国埼玉環境大賞」です。埼玉県内で環境・エコドライブ啓発を行うファインの取り組みを調査するため、視察にお越しくださいました。

まず、ファインが取り組む「世代を問わないエコドライブ啓発活動」の取り組みをご紹介させていただき、その後は実技50分の楽エコ講習を実施しました。受講した委員の方からは「居眠りしそうなくらい(楽エコ運転が)気持ちよかった」や「免許を持っている人も、この講習は絶対良い講習ですよね。みんなもう1回教習所に行ってほしい」などの嬉しいコメントをいただきました。

環境農林委員会とは、常任委員会の中の一つで、本会議で付託された議案・請願などを審査するほか、所管する県政の諸問題について調査を行います。環境農林委員会の所管分野は、環境部、農林部および内水面漁場管理委員会に関する事項です。

ファインモータースクールは、今後も情報発信をし続けることにより、安全・環境・経済面に効果のあるエコドライブを地域の皆さまへ啓発してまいります。

2017年12月9日

「第8回 親子で体験!ファインの森づくりプロジェクト」が今年も開催されました!

  • みんなで力を合わせて運びます!

    みんなで力を合わせて運びます!

  • 小さなお子様も頑張って運びました!

    小さなお子様も頑張って運びました!

  • 真剣に木を伐っています♪

    真剣に木を伐っています♪

  • お父さんと一緒に一生懸命木を伐りました

    お父さんと一緒に一生懸命木を伐りました

  • 作業後は、たき火を囲んで焼き芋タイム♪

    作業後は、たき火を囲んで焼き芋タイム♪

  • 参加者全員で記念撮影

    参加者全員で記念撮影

2017年12月9日(土)、今年で8回目となる「親子で体験!ファインの森づくりプロジェクト」が栃木県にある喜連川の山林にて行われ、25人(大人13人・子ども12人)の方にご参加いただきました。

当初予定していた11月23日(木・祝)があいにくの天気のため、お客様の安全を最優先し延期となってしまいましたが、日を改め今年も無事開催することができました。

当日は天候にも恵まれ、穏やかな日差しが差し込む中、森づくり活動を体験していただきました。大きい丸太を小さなお子様が必死に運ぶ姿や、使い慣れないのこぎりで一生懸命木を切る姿がとても頼もしく目に映りました。参加されたお客様からは「森づくりの大切さ、環境問題に対する話をあらためて家族で考えるいい機会になりました。また、家族で協力して作業するという良い体験にもなりました」や、「環境については、興味関心があったのですが、バスの中での話や、実際に森に入って感じることが多く、こどもたちにも何か少しでも感じて、次世代につなげていくことができればと切に思います」、「森の大切さ。エコドライブの大切さ。このイベントを通して触れることができたので興味を持ちました。今後目を向けてみます。子どもとも話していきたいです」など、とても素敵な声をいただきました。

ファインモータースクールは、お客様からいただいた教習料金の一部を「NPO法人ドングリの会」へ寄付することで、森づくり活動の支援と当イベントを行っています。今後も寄付と体験イベントでの環境教育を通じて、二酸化炭素の吸収促進とエコドライブ啓発によるCO2排出削減に積極的に取り組んでまいります。

詳しくはコチラ

1 / 2612345...1020...最後 »
TOP