新着のお知らせ お知らせ・コラム

【大宮校】高齢者講習専門教習所として生まれ変わります

2021.3.3 NEWS

笑顔あふれる社会のために、
ファインはチャレンジします。

ファインモータースクール大宮校は、創立当初から新規免許取得支援をはじめ、
地域の交通安全教育活動に取り組んでまいりました。
昨今、高齢ドライバーの交通事故が社会的な問題となっております。
また、全国的に高齢者講習の予約をお待たせしてしまっている現況を受け、
2 0 2 1 年夏、大宮校は高齢者講習専門の教習所として生まれ変わります。

高齢者の事故現状について

昨年起きた交通事故による全国の死亡者数は3,215人で、その中でも高齢者は1,782人※と約半数を占めています。特に高齢ドライバーの事故は多くのメディアに取りあげられ、皆さまの記憶にも新しいのではないでしょうか。
事故統計を見ると75歳以上の高齢ドライバーで1番多い事故原因は、アクセルの踏み間違いなどの「操作不適」で、つづいて歩行者の見過ごしなどの「安全不確認」です。これは視野が狭くなることによる見落としや、直接確認するための首を振る動作が難しくなるなどの身体的機能の低下が原因と考えられます。
※出展:警察庁

2035年には3人に1人が高齢者

現在、高齢者の免許保有人口は約1,800万人で、高齢者の免許更新手続きの予約待ちは全国平均で約75日に及ぶと言われており、埼玉県では約3か月待ちとなっております。
今後超少子高齢化はさらに進み、2035年には全体の高齢者の人口は3,700万人にまで達し3人に1人が高齢者になると言われており、今後も高齢者講習予約の混雑が予想されております。
※出展:総務省

いつまでも安全運転を続けるために

超少子高齢社会が進展する中で、高齢ドライバーが関わる交通事故の防止が社会的な課題とされています。
年齢を重ねても安全運転を続けるためには、自身の身体能力の変化に気づいていただくことが重要であり、高齢者講習は必要不可欠です。だからこそ年間を通してより安定的に高齢者講習のお客さまを受け入れられるようにしたいと考えています。
私たちはこれまでに高齢者講習で7万人以上のお客さまを受け入れてきました。その経験を活かし、これからも地域の皆さまがくるま社会を心豊かに過ごすためのお手伝いができれば幸いです。

高齢者講習の概要

  • DVD 等で交通ルールや安全運転に関する知識を再確認する講義
  • 機材を使って、動体視力、夜間視力および視野の測定
  • ドライブレコーダー等で運転状況を記録しながら車を運転
    (隣でインストラクターが乗車し、運転の気付きや改善点を助言をします)

出展:一般社団法人 全日本指定自動車教習所協会連合会「高齢運転者支援サイト」

今後の流れ

※情勢等により、スケジュールは変更となる場合があります

Q&A皆さまの疑問・質問にお答えします!

ファインモータースクールは3校ありますが、高齢者講習専門教習所になるのは、大宮校のみですか?
はい。高齢者講習専門の教習所になるのは「大宮校」のみになります。
指扇校と上尾校は従来通り初心ドライバーの育成や講習を行ってまいります。
ファインモータースクールで高齢者講習の予約をしたいのですが、どうしたらよいですか?
お誕生日の約5か月前に、免許更新通知のおはがきが届きます。
そこに書かれている予約専用電話番号にお問い合わせください。※ファイン大宮校で直接予約をお取りすることはできませんので、ご注意ください。
高齢者講習は試験ですか?合格しないと運転ができなくなってしまうのでしょうか。
高齢者講習は試験ではございません。